MOMOの部屋

tadasiko60.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:阿蘇の秋( 6 )

2009年9月13日 阿蘇高岳への朝駆け その2

いよいよ明日からシルバーウィークですね。
すっかりと秋めいた此の頃ですが、皆さん何か計画していますか?登山にも最適な時期ですが紅葉の時期も近いですが・・・今月はとりあえず、あと2回は登りたいですね。あくまで希望なので3回になるかもしれません(笑い)

①これは九重連山からの画像です。ブロッケンが出ています。
d0136836_10213265.jpg


②阿蘇火山の第二火口
d0136836_10242943.jpg


③高岳からの稜線もズームすると荒々しさが判る。
d0136836_10261947.jpg


④同じく
d0136836_1027646.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2009-09-18 10:29 | 阿蘇の秋

2009年9月13日 阿蘇高岳への朝駆け

午前3時より仙酔峡(せんすいきょう)より登り始める。
先日の雨で下草と途中の木々が濡れているのでカッパを着込む。途中ガスが出て道が分からなくなったが何とか時間を掛て頂上へたどり着いたのが午前5時半・・・2時間半も懸かった事になる。山頂はガスの中。今日は絶対晴れる筈と思い込む事にした。寒いので4枚着込み計6枚の服膨れだ。今日は12時ごろ山頂で326さんと落ち合う事になっている。なんて思いながら軽い食事を取る。突然頭上のガスが切れ、青空が見え出した。6時前だ・・・すでに太陽は登っている筈だがガスの切れ間に見える雲の高さから後どれ位で山頂が雲の下になるか・・・計算をする。ちょっと早いけどカメラを取り出した。また、ガスが覆いかぶさる・・・・・・・暫らく続く。多分最初の方は三脚を使えないほど早い展開になるだろうな~なんて思いを巡らせる。案の定・・・突然切れ間が来たかと思うとまた閉じ込められる。でも、撃沈よりはましだ。手持ちは不安定で怖いけど座り込んで撮れば何とかなる。さて、雲との激闘・・・・・・が続く!

①やっと目線より低い雲が現れだした。
d0136836_13375533.jpg


②きんとん雲のような塊が飛んで来ては覆い隠される。その切れ間です。
d0136836_13385326.jpg


③太陽が時々当たる・・・やはり暖かい。思わず拝む。
d0136836_1340364.jpg


④寝観音の頭の部分になる根子岳
d0136836_13414876.jpg


⑤遠くに九重連山を発見・・・・・焼けに小さく見えるが大船山、中岳を確認出来る。
d0136836_1343591.jpg


⑥月見小屋に移動中雲の下には阿蘇山が有る。噴煙と有毒ガスがこちら側に流れている。
d0136836_13443042.jpg


⑦この頃になると嘘のように風は収まり暖かいし青空が綺麗だ!
d0136836_1346263.jpg


⑧月見小屋の上から根子岳を臨む
d0136836_13474325.jpg


⑨何時もの下山道は有毒ガスが来ているので登った馬鹿尾根を下がる事にした。
d0136836_13483638.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2009-09-15 13:54 | 阿蘇の秋

9月4日天狗ヶ城への朝駆け

午前2時前に牧ノ戸駐車場に到着。車が一台も無い。てっ言うことは朝駆けも私1人か……
さすがに気後れしたが午前2時過ぎから登山開始。沓掛から月明かりに浮き上がる大雲海。阿蘇盆地から一部の雲海が扇ヶ鼻を通り抜け三股山に抜けている。さすがにバルブで撮ろうかと思いましたが、後に後悔する事になり、やはり撮っておくべきでした。ガス帯に入った。
しかしこの時間帯でこの雲海の厚さはやはり異常だ。時間とともに雲海の厚さは山頂をも飲み込みガスに閉じ込められる羽目になる(想像)
扇が鼻と久住の別れの案内板が気が付かず扇ヶ鼻へ登ってしまった。途中でおかしいと気付き引き返し真横の案内板に気が付かないほどのガスの濃さは前途多難を物語っていた。視界は目先。濃いガスは雨粒になり降り注ぐ。まあ何とか避難小屋までたどり着く、しばらく休憩してカッパを着る事にした。さて、相変わらずのガスの中、歩を進める。中岳方面へ行く筈が星生崎へ登っていた。途中でおかしいとは気が付きましたが時間も有るし「え~い登ってしまえ」と山頂へ、見覚えの有る岩がありやはり星生崎かと納得。そのまま下山。少し状態が判るまで待つ事にした。なんと眼下に避難小屋が浮き出た。そこに戻り再び天狗ヶ城を目指す。今度は間違わなかった。
山頂は寒い。計5枚を着込む羽目になった。ガスの中、じっと耐えるしかなかった。羽の付いた蟻が私の足に群がってくる。やはり暖かいのが判るのかな?なんて思いながら少しずつ食事を取ることにした。突然ガスが切れ太陽が出たりするがカメラを構える時間が無く再び閉じ込められた。
何時もならここで下山するのだが半分ヤケクソ気味、12時まで居座ってやるって心に強く誓いました。
辺りの風景は出たり隠れたり、結局は手持ちで撮る羽目になりました。この日の早朝の風景は私が独り占め。有る意味快感でも有る。

①おとなしい写真のようですが実際は風が強く本当に瞬間の合間でした。星生崎
d0136836_16333235.jpg


②何時も登っている中岳を天狗が城から撮る。中岳は計2枚しか撮れなかった。
 天狗はガスの切れ間に入ったが中岳のガスがすぐこちらにやって来る。
d0136836_16364272.jpg


③中岳からは撮れない星生崎。ここに登っていたのだと苦笑い。
d0136836_16385193.jpg


④ガスの切れる時間が多少長くなり余裕も出てきた。
d0136836_16395885.jpg


⑤御池(みいけ)の横の登山道。御池は水が多くてここを通るしかない。
d0136836_16414522.jpg


⑥このゴツゴツした登山道が見つけられなかった。
d0136836_16444459.jpg


⑦夏雲だ!
d0136836_1646238.jpg


⑧牧ノ戸展望台より
d0136836_16465120.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2009-09-06 16:53 | 阿蘇の秋

阿蘇の初冬・・・大観望より

写友の風景屋さんとのっちゃんさんと一緒に出掛け偶然光芒に出会いました。
この日はお天気も良くないまま湯布院へ移動・・・・・3人で紅葉三昧でした。

①根子岳
d0136836_13564612.jpg



d0136836_13571616.jpg


③時系列に並べてみました。
d0136836_13573716.jpg



d0136836_1358417.jpg



d0136836_13582428.jpg



d0136836_13584217.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2008-11-24 13:59 | 阿蘇の秋

大観望より

どうも見通しがイマイチで空気が抜けていない。
空の雲はドロンとしていて形もクッキリとしていない・・・・・

①阿蘇盆地に広がる雲海を前にしてジッとしている手は無い!
d0136836_14362441.jpg


②ちょっと遅かったかな~後悔が先に立つ
d0136836_1437223.jpg


③この光景も久住山、山頂からだとボンヤリと見える程度かもしれない。
 いゃ、きっとそうだ・・・・・そう思わなきゃ~
d0136836_1438186.jpg


④今、これを撮れる事に感謝!
d0136836_1441617.jpg



d0136836_14425363.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2008-10-25 14:44 | 阿蘇の秋

久しぶりの阿蘇大観望より

阿蘇へ足を伸ばそうと長者原を抜け大曲からのショット・・・・・
長さ 390m(日本一) 高さ 173m(日本一)玖珠の大吊り橋が見える。
あの大吊り橋の下に深さ173米の谷が有るとは信じられない・・・行った事無いけど。
角度を変えた玖珠平野の朝霧

d0136836_539965.jpg


②牧ノ戸展望台を通り過ぎ熊本県へ・・・・・阿蘇山の外輪山に有る大観望を目指して
 行く途中ガスの先端に入る・・・・・
d0136836_5415810.jpg


③同じく
d0136836_5422266.jpg


④大観望より・・・ちょっと雲が薄くなっています。
d0136836_544755.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2008-09-28 05:44 | 阿蘇の秋

MOMOの風景写真


by tadasiko6047
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31