MOMOの部屋

tadasiko60.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:阿蘇の冬( 6 )

やっと自由になった

右手の固定金具も自由に取り外し出来だした。
そうなるとなるべく付けないようになるのが人情ですよね。

少々痛い思いをしながらでも風呂の中で両手で顔を洗える喜び・・・・・
何でも無い動作が出来るってとても嬉しいものですね。

健康体で居られるってとても貴重な事だと再確認しました。
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)うれし~~~~!!!


①草千里から・・・夜明けです。
d0136836_11452315.jpg


②阿蘇の噴煙・・・寒いので水蒸気の方が目立っている・・・マイナス12℃だった。
d0136836_11461898.jpg


③阿蘇のアップ
d0136836_11481573.jpg


④春先には綺麗な若草が生える・・・・・草千里
d0136836_1149650.jpg


⑤仙水峡(せんすいきょう)から
d0136836_11512342.jpg



d0136836_11514321.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2011-02-07 11:52 | 阿蘇の冬

もう2月に・・・・・

小指の骨折も、ひと月を過ぎました。やっと金属の固定板も半分以下になり、ある程度指も動かせるになりました。
しかし、手袋が出来ないので山登りは限られています。

お陰で今季の冬は阿蘇に専念出来そうだ。いつか登ってみたいと思いながらついつい後回しになっていました。
寒波も抜け今週中にも一度訪れてみようかな~なんて思っています。


①烏帽子岳
d0136836_14243752.jpg



d0136836_1426360.jpg


③杵島岳を阿蘇山に行く途中から・・・裏側から
d0136836_14262764.jpg


④米塚・・・・・別名阿蘇富士とも言うらしい
d0136836_14281388.jpg


⑤通称・・・馬鹿尾根とも言います。雲の中が高岳になります。冬場の尾根は大変だろうな
d0136836_1430442.jpg


⑥帰りに・・・・・仙水峡(せんすいきょう)への途中から
d0136836_14324155.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2011-02-02 14:35 | 阿蘇の冬

昨日は杵島岳へ登ってきました。

 見た感じ柔らかい稜線の山ですが登り始めると殆どが急勾配の階段でした。
ダラダラと長い坂道です。久住山を登っているような感覚でした。山頂は見えているのになかなか近づかない(笑い)

 山頂は岩が無く風を除ける場所が無いって感じです。しかもずっとガスの中・・・・・・・
1時間半粘りましたが遠景も霞んでいるのでやむなく下山です。1300㍍の山なのでちょうど雲の高さと同じになっていました。

 下山すると晴れるだろうな~なんて思いながら下山です。
やっぱり・・・・・晴れたか~・・・・・そんなものです。自然相手ですからね。でも山頂はガスに隠れたり出たり・・・・・仙水峡(せんすいきょう)に行き景色だけ見て帰りました。



d0136836_14165630.jpg



d0136836_1417126.jpg



d0136836_14173425.jpg



d0136836_14175020.jpg



d0136836_1418847.jpg



d0136836_14182599.jpg



d0136836_14184744.jpg



d0136836_14191033.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2011-01-26 14:20 | 阿蘇の冬

2011年1月17日

 前日の大雪に見舞われた阿蘇山でした。
前回の阿蘇とは様相が変わっていましたが・・・その前回からのお届けです。

 左手は手袋が出来ますが利き手である右手に手袋が出来ないので何とももどかしい。
草千里の周辺でマイナス12℃前後・・・牧ノ戸駐車場と同じ程度の気温だった。
仙水峡ではタクシーが上まで行けずかなりの坂道で立ち往生。私も止めなければ仕方なく止めましたが止ったら最後前には進めません。タクシーも私の車も下がるしかなく雪の凍っていない所まで下がりタクシーには少しだけ幅寄せしてもらいました。

 途中で止らなければ問題がありません・・・一気に駐車場へ駆け上がりです。
さすがに一台も車は無い・・・先ほどのタクシーに乗っていた登山者だけでした。滝も全て凍っており独り占めでしたが撮影は後回しにしてプチ登山です(笑い)雪景色だけ撮り下山です。

 九重連山へ登れない現在。再び山々を撮れることになりそれだけで満足です。
昨年の猛暑の反動により暫らく体調を崩し、撮る気も起こらず山に登れば途中で下山。決して天候だけではなく、いま考えれば気力も失せていました。

 63歳を目前にして、もっと体を労わりながらの生活をしなければならないな~なんて実感しました。暑い時には熱いものを・・・・・九重連山では私よりもっと先輩方を見かけます。きっと充実した生活を送っているのだろな~なんて振り返っています。


①後ろ側からの由布岳
d0136836_9424859.jpg


②草千里の手前の展望台から少しだけ雪道(登山道)を進みました。
d0136836_945644.jpg


③一筋の光が・・・・・
d0136836_9464971.jpg



d0136836_9473632.jpg


⑤草千里の後ろ側から
d0136836_9475365.jpg



d0136836_9484963.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2011-01-21 09:51 | 阿蘇の冬

阿蘇山の大火口

阿蘇山も九重連山に負けないくらい自然豊かな観光地です。
むしろ観光地としては阿蘇山の方が有名かもしれませんね。
まっ、どちらにしても九重連山からはさほど遠く無い所に位置していますので
私としては連山扱いをしています。

①この噴煙に何時も悩まされています。
d0136836_10132870.jpg



d0136836_10142945.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2010-01-29 10:15 | 阿蘇の冬

阿蘇山

12月27日の九重連山への朝駆け・・・ピーカンの一日でした。
前日からの黄砂による霞みが取れ曇りから晴れへと天気予報も変わりました。
午前3時半から登り始めたが空は満点の星・・・風も無く雪が有ったら撮影だ!
しかし山肌には雪が無い唯一の月明りも無く撮影断念。しかし17日は撃沈に終わりました。
今年最後の朝駆けと思い期待していましたが雲も朝霧も一切無い・・・まさにピーカンでした。
後日、結果を載せます。

2008年1月6日の阿蘇山からです。

①根子岳と高岳・・・今年はお世話になったところです。
d0136836_10122599.jpg



d0136836_10143237.jpg



d0136836_10145879.jpg



d0136836_10152322.jpg



d0136836_10153693.jpg


⑥阿蘇山の登り口から見る九重連山・・・右端が大船山
d0136836_10161272.jpg


⑦阿蘇盆地の朝霧の中に入ると朝日が差し込んだ。
d0136836_1018852.jpg

[PR]
by tadasiko6047 | 2009-12-28 10:19 | 阿蘇の冬

MOMOの風景写真


by tadasiko6047
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31